ブログ

最高の普通で高性能なサングラスの見つけ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

常連のF様よりリクエスト「普通なサングラスでいいのを作りたい」

ティアドロップのようなズバリサングラスではなく、カーブの付いたスポーツ用サングラスでもない普通のサングラスですね、わかりました用意しましょう!

手順1.普通で高性能なフレームを見つける

度付きのサングラスを作るのに何も既存のサングラスにレンズを入れないといけなわけではありません。

透明レンズを付けてお店に並んでる普通のメガネ用でもカラーレンズを入れればサングラス!

もっと言えば手持ちのメガネのレンズだけ換えたってサングラスに出来るんです。

今回F様が選んだのは…

DUN-110

DUN-110

DUN(ドゥアン)には色々なテイストのフレームがありますが、この110番は軽量で強度のあるゴムメタルと呼ばれる特殊金属を使ったシンプルで高性能な正統派フレーム。今回のF様の希望を体現したようなフレームですね!

これをベースに高性能なサングラスを組み立てることにしました。

手順2.普通で高性能なレンズを選ぶ

一言で度付きサングラスレンズと言っても色々あります。通常のレンズを染色したレンズ、偏光レンズ、調光レンズetc…

用途や予算、度数やフレーム形状などから希望に合ったレンズを選びましょう。沢山のレンズがあって難しく感じることもあるので用途と予算だけ店員さんに伝えてオススメのレンズを聞くのもアリです。

今回レンズについてはF様より指定がありHOYAの次世代偏光レンズPOLATECH(ポラテック)に決まっていました。

カラーは「FR」

FR薄めのカラーで高偏光度、照明があるトンネルくらいならサングラスを付けたままでも大丈夫なくらいの見え方です^^

この偏光レンズでF様の度数の入った遠近両用で用意することにしましょう!

手順3.注文をして完成を待つ

レンズの種類や度数によって違いますが偏光レンズの場合10日~2週間くらいの納期が必要なものが多いです。

基本的に丸生地のレンズが当店に届き、それを度付きメガネとしての性能、偏光レンズとしての性能、フィッティングの性能等に気をつけながらレンズを削り組み立てていきます。

レンズを削るのは機械がやってくれますが、それ以外のところで作り手の技量が仕上がりに左右するところも多く、腕の見せ所だと思って気合入れて組み立ててます^^

手順4.完成→お渡し

DUN-110 × POLATECHF様のリクエスト通りの普通で高性能なサングラスの出来上がり~♪

番外編:POLATECHを選ぶ理由

歪みに強い

大多数の偏光レンズがサンドイッチのように偏光フィルムをレンズの中に挟みこむ製法に対しPOLATECHはコーティングで偏光機能を実装しています。表面が歪まない限り偏光機能が低下しないので強いのです^^

そのためナイロールやツーポイントに対応可能。

薄く仕上がる

上記の利点と理由がかぶりますが、レンズのコーティングで偏光機能を実装しているので前面、後面で偏光フィルムを挟む必要がないので薄く仕上がります。

サングラスのデザイン上、通常のメガネより厚みが出やすい傾向がありますがこれは嬉しいですね^^

レンズ設計も多種多様

球面、非球面、カーブ付きだけでなく、内面非球面、両面非球面、内面累進、両面複合累進…とHOYA社製のレンズの殆どの設計で次世代偏光レンズPOLATECHを制作することが可能です。

偏光レンズ以外でもレンズ業界の最先端を行くHOYAだから可能なことですね

偏光サングラスつくるならメガネ専門店はまじまへ!

POLATECH全色はもちろん、他にも各種偏光レンズ、調光レンズなどカラーサンプルを取り揃えております。

お気軽にお越しください~

—————————————————————
メガネと補聴器の専門店はまじま
〒445-0073
愛知県西尾市寄住町若宮30
TEL:0563-54-3500
営業時間10~20時
定休日:火曜日
facebookもやってます
—————————————————————

コメントを残す

*

CAPTCHA