メガネのレンズって大きく分けると素材が2種類あります。

プラスチックとガラスですね。

日本で使われているメガネの95%以上はプラスチックレンズなんですが、ガラスのレンズが無くなることは無いと思います。ガラスレンズにはガラスレンズの良い所があり、それを必要としている方も沢山いらっしゃるからです。

でもガラスレンズは加工するのにプラスチックの何倍も時間がかかったり、専用の工具が必要だったり、取り扱いがデリケートだったりするので量販店では取り扱ってないことが殆どです。

プラスチックレンズとガラスレンズ、それぞれに利点や欠点がありますが当店はどちらのレンズにも対応できるような技術、設備を取り揃えています^^

 

今回はそんなガラスレンズをメガネの聖地、福井県鯖江市の職人さんがハンドメイドで仕上げているセルフレームに組み込んでみました♪

金治郎MK-021 × HOYA_THI2-M25

個人的に厚手のセルフレームにガラスレンズは最も格好いい組み合わせの一つだと思っています

厚手のセル生地のおかげでレンズの厚さもきになりません♪

七枚もの金属がガッチリ噛み合わさっているゴツい蝶番もステキです♪

内側からみたところ

軽量で柔軟性の高いフレームとは違った格好良さ、使いやすさがあると思います

ガラスレンズをお探しの方、色々な種類のレンズから自分に合った最適のレンズを探したい方、いつでもお店でお待ちしていますよ^^

—————————————————————
メガネと補聴器の専門店はまじま
〒445-0073
愛知県西尾市寄住町若宮30
TEL:0563-54-3500
営業時間10~20時
定休日:火曜日
facebookやってます
—————————————————————