テレビや雑誌でスマホ老眼夕方老眼など次世代老眼(?)の特集を目にすることが増えてきました

どれも老眼と名が付くものの10代や20代でも起こりうる現代病です

近くの物を長時間集中して見ることが原因と言われているので、それをしない(=近くを長時間集中して見ない)でおけば済む話なのかもしれませんが現実はそうもいきません

お仕事や趣味に勉強に近くを見る時間は増えるばかり…

そんなあなたにオススメなのがアシストレンズです!

アシストレンズとは

 アシストレンズ、またはサポートレンズと呼ばれるレンズです。今までの球面レンズ、非球面レンズなどとは違った種類のレンズになります。また遠近両用レンズとも違う新しい種類のレンズです。

スマホ老眼になってからではなく、予防の効果もあり当店では好評いただいているレンズです

何をアシストしてくれるの?

そもそもメガネは「見る」をアシストしてくれる道具なんですが、アシストレンズは「見る」の中でも特に「近くを見る」のアシストが得意です。

じゃぁ遠くは見えないの?

見えます!

人間工学に基づき設計されているので近くを見る機会が多い場所にアシスト機能が付いています。

具体的にはレンズの下部に近くが見やすいアシストポイントやサポートエリアと呼ばれる部分があります

サポートエリアを通して物を見ると普段より目の負担が少なくてもPC、スマホが見える設計になっています。普段そういったモノを見るときは目線より下にPC、スマホがくることが多いので特に気にせず使えます。

使用感はどうなの?

これはさすがに実際に試していただかないとなかなか…(笑)

私は普段からアシストレンズを使っていますが良いレンズだと思いますよ

以下は個人的な感想です。

私、普段はスマホ老眼なんて自覚症状も何もありませんが、風邪気味だったり二日酔いな日に細かい作業をしていると頭が痛くなることがありました。それがアシストレンズを使いだしたら無くなったので普段から使うようにしました。

それ以降頭痛の回数は激減し、今はほぼ頭痛になったりしません。

見た目は?

普通のレンズと変わりません。

↑は実際にサポートレンズが組み込まれているメガネですが、サポートエリアに境目があったりしませんし特別に厚くなったり薄くなったりもありません。

デメリットはないの?

 

モノを見るときの姿勢や癖、モノとの距離などでアシストレンズがドンピシャで使いやすいレンズとはならないことがあります。度数やフィッティングで可能な限り対応出来るように心がけています。

お値段は普通のレンズより若干高いです。。企業努力でお値打ちに提供できるように努力します!

加齢からくる老眼があるとアシスト機能だけではサポートできず遠近両用など別のレンズをご提案させていただく場合があります

お求めは知識と技術のある専門店で!

これはアシストレンズ、サポートレンズに限った話ではありませんが、いくら優れたレンズでもレンズがあるだけでは性能を十二分に発揮できません。

そのレンズの特性を理解し最高の性能を発揮できるような度数設定、フレーム選び、フィッティングなどがあって初めて使いやすいメガネが出来上がります。

当店、メガネと補聴器の専門店はまじまは複数のレンズメーカーさんの統計により一般的なメガネ屋さんよりアシストレンズ、サポートレンズの販売割合が高いことが分かっています。

その分、サポートレンズ、アシストレンズに対しての知識や技術などノウハウが沢山あります。

折角の新しいメガネが残念なことにならないように、お求めは知識と技術のある専門店をお勧めします。

—————————————————————
メガネと補聴器の専門店はまじま
〒445-0073
愛知県西尾市寄住町若宮30
TEL:0563-54-3500
営業時間10~20時
定休日:火曜日
facebookやってます
—————————————————————